ちゅら

先週の連休で沖縄に行ってきました。
大好きな沖縄。
「沖縄」という「国」が持つ空気がたまらなく好きです。
さまざまな色に変わる海の美しさと、
それと対照的なちょっと色あせたような憂いのある街の景色。

去年は行けずに、2年ぶりになってしまいました。

1日目は慶良間へダイビングに。
那覇の泊港から船で1時間ほど行くと、
その海の中には目が覚めるように美しくてひろい世界が広がっています。
地上と同じように、海の中も別の世界がある…
何度潜ってもこの感動は薄れないです。
2年ぶりだったので緊張しつつ慣らしながらゆっくりと潜行すると
海のいきものたちがお出迎え。
「人間も魚もおなじ。急に近づいたらびっくりする。」という
ガイドさんの言葉通り、こちらがゆったりしていると魚たち
ちらっと見ながら興味ありげに近づいてきます。
不思議な色のいそぎんちゃくに魅せられたり、
おしゃれな模様のカワハギがいたり、
海底の砂と同化しているカレイをそっと持ち上げてみたり、、、。
音のない世界で五感を研ぎ澄ませて、普段とは違う
世界の受け取り方を楽しみます。

体が慣れてきた3本目はすこし流れがあるところで
水深30mほどのところまで。
前回と同じく、
ウミガメさまに会えました。
じっとみているとこちらに泳いできて
わたしを横目で見ながら目の前を通り過ぎて
深い蒼色の世界に消えていきました。
やっぱり、神さまみたいだ。

とっぷり。慶良間の海に包まれてしあわせな時間でした。
f0192950_0503238.jpg

                   船の上から10m下が見えるくらい透明。

f0192950_0513684.jpg

                   ウミガメさま。まだちいさいけどすごいオーラ。



でも、実は、その海と同じくらい感動したことがありました。
[PR]

by golden_syrup | 2011-09-30 00:54 | 日々のこと  

<< 感動の再会のち感動 出会い >>