父のこと

たまに心配になるほど前向きな父。
胃カメラを「すごくおいしいものだと思って飲む」から
全然苦じゃないらしい。
わたしが自動車の免許をとりたての頃、
スパルタで教えてくれながら(感謝してます)、最終的には
「すこしくらいセンターラインはみだしても(対向車が)よけてくれる」。

わたしの中にある明るさは、
てきとうさと楽観的な考え方を教えてくれた父にあります。

遊びも考えるのも親子で向き合うのも、本気。
とことんつきあってくれました。

ちいさい頃から手を動かして何かを作りたがったわたしに
さりげなく手を貸し、
最後までつくりあげる喜びを教えてくれたのも父。

大人になって「ものづくりをしたい」と思ったのも、
きっとこの頃の喜びがあったからだと思います。
[PR]

by golden_syrup | 2012-05-05 00:22 | 日々のこと  

<< 母のこと 大切な時間 >>