カテゴリ:日々のこと( 198 )

 

アイデンティティ

たまにはジュエリー以外のことを。

久しぶりに小林賢太郎さんの舞台を観てきました。
彼のことは大学時代に「ラーメンズ」を知ってから15年近くのファンですが、彼のつくりだす世界にはいまだに魅了され続けています。
彼の活動は「ラーメンズ」「Potsunen」「K.K.P(小林賢太郎演劇作品)」とありますが、今回は「K.K.P」。
「ノケモノノケモノ」という作品でした。

まずは演出。
いつも余計なもののないシンプルな中にインパクトのある演出が魅力的なのですが、今回は蛇腹のような大きなパネルに手描きの絵を投影して、その蛇腹が動いたり絵が変わったりすることで舞台の背景を変える演出。
アナログなのかデジタルなのか
2次元なのか3次元なのか
いくらでもデジタル処理できてしまう現代で、あえて手描きの絵の温かさもあり、まるで仕掛け絵本を見ているような感じでした。
平面でありながら奥行きが感じられ、どんどんどんどん引き込まれていきました。

ストーリーは「創造主がいきものをつくっている世界に迷い込んでしまった男の人が自分を見つめ直していく」という文字にするととても平凡なファンタジーに聞こえてしまうのですが、
わかりやすい内容でありながら最後はやはりこちらに問いかけてくるような、奥の深いお話でした。
基本的にはコントなのに、アイデンティティやいきものの尊厳を考えさせられました。
本当にすばらしかったです。
感動する類のストーリーではないのですが、心に響いて涙が出ました。
いつ観ても何度観ても、その度にグレードアップしている彼の作品に心から尊敬の念を抱きます。
彼にしか創りだせないものを創っている、そのことにものすごい憧れを感じます。

ごちそうさまでした。

f0192950_18271426.jpg

f0192950_18273739.jpg

f0192950_1828232.jpg

              会場の天王洲銀河劇場もすてき。
[PR]

by golden_syrup | 2014-05-30 18:28 | 日々のこと  

新年

あけましておめでとうございます。

おかげさまで現在ご注文がかさなっており、通常よりもお渡しにお時間をいただいています。
フルオーダー作品をご注文のみなさま、もう少々お待ちくださいませ。

今年は新しいことに挑戦したり、新作をたくさんつくったり、したいと思います!
本年もよろしくお願い申し上げます。

f0192950_17253752.jpg

            金属以外の素材の作品も発表予定です♪
[PR]

by golden_syrup | 2014-01-13 17:27 | 日々のこと  

やっとお会いできました。

先日、尊敬するアーティストのひとり、荒井良二さんに会いに水戸に行ってきました。
絵本作家としての活動が有名ですが、
子供向けのワークショップや音楽活動などもされている方です。
一見落書きのような彼の本を初めて見たときは衝撃でした。
色をたくさん重ねていて何色とも表現しがたいし、
絵の具の上に鉛筆で描いてあったりもします。
わくわくするんです。そして子供はきっともっといろんな発見をして
違うわくわくもあるんだろうなぁとも思います。
でも、「(子供に失礼だから)子供用の絵本として考えていない」し、
「すべての人に開かれた絵本」とおっしゃっていました。
いくつかの絵本のバックグラウンドも話してくださり、
今まで何となく読んでいた絵本がぐっと心に沁みるようになりました。
とくに「たいようオルガン」は「遠くにいる人のことを想う気持ちが制作のきっかけ」
ということを聞いて、家族や親しい友人は
お互いに相手が出している音を聞いているんだなと思いました。
だからいつも絶妙なタイミングでメールや電話をくれるのかなと。

実際お会いして、彼の作品がさらに魅力的に感じました。
いつもきっかけをくれてありがとうございます。
[PR]

by golden_syrup | 2013-03-22 12:08 | 日々のこと  

ちいさな探検

引っ越してからだいぶ出不精になりましたが、
はじめての地元(というほど近くない)探検しました。

東京では美術館によく行きましたが
こちらにもすてきなところがありました。
旧川崎銀行の支店を改装してつくられたという千葉市美術館。
こんなすてきな建物の中に区役所と美術館があります。
f0192950_16443137.jpg















現在「須田悦弘展」をやっていました。
f0192950_1646199.jpg






なんとすべて木でつくられています。
本物に見紛うばかりの精巧さと展示の仕方、空間の使い方にうっとりです。
f0192950_16481083.jpg










こちらは展示室の壁と壁の間にひっそりと咲いていました。
自分で探し見つけていくのだそうです。
何も展示されていない部屋の床のつなぎ目から草が生えていたり、
見つけた瞬間、声が出そうになります。
f0192950_16503373.jpg












ホールの床もたまりません。

作品が見つけられなくて、何度も学芸員さんに話しかけました。

このような展示は初めてみました。
作品がただガラスケースの中に並んでいるのではなく、
ひっそりとあるところに美を感じる、まさに和の心だと思いました。
また、作品とはその空間までも含めるものだということを目の当たりにしました。
感動しました。
[PR]

by golden_syrup | 2012-11-26 17:00 | 日々のこと  

きっかけ

きのう遠くから遊びに来てくれた友人を案内がてら、
以前から気になっていたカフェに入りました。

昔の建物をリノベーションしたような和の雰囲気のお店。
ひとりでも落ち着けるような居心地のよい空間。
そしてなによりコーヒーがとてもおいしい!!
これからよく通うことになりそうな予感です。

そうやって新しい土地に心を開いていくんだなぁと
思いました。
きっかけをくれた大切な友人、ありがとう。

f0192950_17343319.jpg
[PR]

by golden_syrup | 2012-10-19 17:36 | 日々のこと  

秋の試行錯誤。

夏の終わりからずっと七宝を焼いています。
お客さまのオーダーに合わせて、
新作も七宝焼のものにしようと思い、
まだ夏の暑いさなかに久しぶりに窯に火を入れてサンプルづくりをしています。
火といっても電気の炉です。
でも800℃くらいで焼くのでかなり暑いです。

七宝焼は金属の上に細かいガラスの粒子(釉薬)を溶かして色を焼き付けます。
模様の出し方はさまざまな技法がありますがそれはまた後日。
まったく同じように焼くのはなかなか難しく、
途中で割れてしまうこともあります。
1点もの、です。

でも窯の温度や釉薬の厚みを試行錯誤する過程も
楽しかったりします。
[PR]

by golden_syrup | 2012-10-03 10:40 | 日々のこと  

カシシ

カポエィラで使うビリンバウという弦楽器を弾くときに持つ
カシシというものを作りました。
ずーっと作りたくていたのですが、ようやく念願が叶いました。
先生が用意してくださった材料の中から好みのものを選び、
ひとつひとつ段階を踏んで教えていただきました。

中には植物の種が入っていてシャカシャカ言います。

最初の穴の開け方や編み方で全然違った形になるので
ついついこだわりたくなります。
次につくるときはどんなふうにしようかしら…。

楽器手作りするってあまりないですよね。

f0192950_2347031.jpg













                       自分の手に合うようにすこし小さめです。右のは観賞用(?)です。親子♪
[PR]

by golden_syrup | 2012-10-02 10:18 | 日々のこと  

夏休み

大きな作品を終えて、1日だけのそろって夏休み。

                              ログハウスがすてきなパン屋さん。
f0192950_18582311.jpg











                               イルカの肉体美に感動!
                 f0192950_18584172.jpg








デザインも制作も、基本的にはずっと机に向かう仕事。
たまに、日焼けを気にしつつもお日さまをたくさん浴びて
自然の中の空気を吸うと体の中が入れ替わるようです。
すっきり。
[PR]

by golden_syrup | 2012-08-21 18:37 | 日々のこと  

8月16日の夕空!

雲の間から下に射す光はよく見ますが、
上に向かっているのは初めて!
雲の形もユニーク。

f0192950_18535232.jpg
[PR]

by golden_syrup | 2012-08-20 18:54 | 日々のこと  

思い

モットー というと大げさだけど、
「納品したくなくなるもの」「あげたくなくなるもの」
が作品の仕上がりとしてわたしの中でベスト です。

もちろん、お客さまの意思と離れて独りよがりになってしまっては
本末転倒だけれど、
自分が欲しくないものはつくれない性格なので、
オーダー条件の範囲内で、
自分がその人だったらこういうものを身に着けたいと思うものを
提案しています。

作品が出来上がって、「まだ手元においておきたい」という気持ちと、
それ以上に喜んでくださる笑顔が見たくて「早く渡したい」という気持ちが
同じくらい強いとき、自分の中でよいものができたときです。

そういう思いで向かい合っています。
最近とくにそう思えることが多く、
ものづくりのしあわせを味わっています。



f0192950_13134611.jpg











                      カポエィラは4年目に入りました。この道への熱い思いも変わらないでいます。
[PR]

by golden_syrup | 2012-08-16 13:17 | 日々のこと